格安スマホ講座を実施する中で感じたことが有りました。それは、大手携帯電話会社と契約している人の中に、自分でプランを決めるのが難しいと話す人が相当数いるんだな、と言うことです。

ショップの店員さんに言われるがままに契約し、挙げ句の果てには自分がどんな契約をしているか分からないと言い出す人まで出てきます。

この連載を始めるにあたり、まず最初に『自分の契約状況を把握して欲しい』と書いたのは、それを知らずに格安スマホの契約をするのは難しいからです。

現状を把握して、対策する。当たり前の事なのですが、案外それが出来ない人はいます。また、面倒くさいと言う人もいます。

でも、冷静になってみましょう。もし月に3,000円の節約ができるとしたら?年に3万6千円が節約でき、仮に10年それが続けば36万円節約できるのです。例えば、今年生まれたお子さんが、高校生になる時の入学金や教材費に回すことだって可能です。

では、どうやったら月に3,000円も節約できると思いますか?

答えは単純です。いま使っているプランと同じ条件で、格安スマホのプランを作ってみれば良いのです。上の例は「通話定額無し + 7GBのデータ通信」ができるプランで比較したのですが、大手携帯電話会社から格安スマホに変更するだけで、これだけの節約が可能です。

でも、それだけで3,000円も節約できるなんて何かがおかしい、怪しいと思う人の方が多いですよね。次回からは格安スマホのメリット・デメリットを書いていきます。

スポンサーリンク

LINEモバイル